ホリエモンの儲かるビジネス4原則から考える「儲かる整体師」のなり方

スポンサードリンク



どうも、整体師ブロガーのでんよしです。

ホリエモンこと堀江貴文氏(@takapon_jp)が提唱する儲かるビジネス4原則をご存知でしょうか?

儲かるビジネス4原則
1.小資本で始められる
2.利益率が高い
3.在庫を必要としない
4.毎月の定期収入が確保できる

これらを満たしているのはブログなどのインターネットビジネスと言われていますが、今回はこの法則から考える「儲かる整体師」のなり方について考えてみました。

ぜひご参考ください。

ホリエモン推奨の【儲かるビジネス4原則】とは?

4原則

本題の「儲かる整体師のなり方」について考える前に、まずは4原則について簡単に解説していきます。

小資本で始められる

「起業するぞー!」と意気込んでいる人の中には最初から会社やお店をでっかく始めてしまう人も少なくありません。

しかし、初期費用をいくらかけようとも、その費用を回収できなければ意味ないですよね?

はじめから大きく始めようとすると、資金集めに時間がかかりますし、失敗した時のリスクも大きいです。

小額からで始められるビジネスですと、資金集めも簡単ですし、もし失敗してもまたすぐに再挑戦もできます。

ですので、初期費用は少ないに越したことはないのです。

利益率が高い

利益率が高ければその分儲けも出しやすいです。

例えば100円で仕入れたものを1000円で売るのと10000円で売るのでは利益率が全然違いますよね。

大手のような資金力や宣伝力があれば薄利多売システムでもそれ以上の利益を出せるので問題ありませんが、個人事業でこれを行うと体力を奪われていくだけですので、できる限り利益率を高めることが大切です。

在庫を必要としない

在庫を必要としないビジネスは儲けやすい、というか失敗しにくいです。

在庫を抱えるビジネスですと、商品が売れなければその分赤字となりますし、保管するためのスペースを確保するのにも維持費がかかりますのでリスクが高いです。

逆に在庫がなければその分のリスクはゼロですし、余計な維持費もかからないのでビジネスとして成功しやすい。

毎月の定期収入がある

定期的に収入があるビジネスは安定しています。

例えば「月額〇〇円契約」みたいなやつ、フィットネスジムとか家賃収入とかもそうですし、スマホの契約だって月額制ですよね。

このように僕たちの生活の中には多くの定額ビジネスが存在します。

やっぱり定期的に収入できるビジネスは強いですね~。

これらの4原則を踏まえた「儲かる整体師」ビジネスの作り方

儲かるビジネス

それでは本題である「儲かる整体師」になるにはどうしたらいいのかってことを上記の儲かるビジネス4原則に当てはめながら説明していきます。

整体師の利益率はどうなの?

整体師はほかの職業と比べて利益率が高い。

なぜかっていうと「自分が商品」になるビジネスモデルであるからです。

例えばラーメン屋さんを始めてみた場合を考えますと、一杯1000円のラーメンを提供しても利益率は、テナント代、食材費、人件費、光熱費などの固定費を差し引いたものになりますので、回転率を上げない限り、儲けもそこまで出ません。

一方で整体師の場合にかかる経費なんてテナント代と少しばかりの固定費のみ。

ラーメン屋さんのように食材費や、ラーメンの仕込みにかかる時間もかかりませんので、施術したらした分だけ儲けが発生します。

整体師って在庫は必要?

在庫はほとんどいりません。

「自分の手ひとつ」で利益が得られますので、余計な物販なんて必要ないのです。

中にはビタミン剤やサプリメントなども売っている整体師もいるそうですが、あまり必要性は感じないですね。

整体師の定額収入は?

整体師の定額収入もやり方によっては可能です。

例えば「回数券」を導入するとどうでしょうか。

1回6000円のところを回数券で10回分一気に購入すれば50000円で購入が可能ってビジネスを作ります。

すると「まとめて購入したほうが1万円もお得なんだ!」と回数券でのご購入を検討してくれます。

回数券の有効期限を3か月とかにしたら、3か月の間にまた来てくれる方たちのおかげで、定期収入が得られるってわけです。

これを応用してフィットネスジムのように「月額制」で契約するのもいいかもしれませんね。

また、個人の家や会社・企業と定期的な「出張整体」の契約をするのもひとつの手。

例えば「月に1度、出張整体として訪問します」っていう契約を結ぶとします。

そうすると、月に一度はどこかのタイミングで必ず出張しに行くので、これが定期収入となります。

実際に僕は地元で契約させていただいている個人経営のお店があります。

普段はアルバイトで収入を得ていますが、月に2~3回ほど出張にいっているので、それが僕の大きな収入源となっております。

定期的にカラダのバランスを見れると、施術していても「今日はココが特に辛そう」とかもわかりますし、受ける側も同じ先生にやってもらった方が安心感もありますよね。

整体院の初期費用はどうなの?

あえて最後まで残しておきましたが、コレが一番の問題じゃないでしょうか。

いくら整体業が低資金からはじめられるビジネスだとしても、内装費だったり備品や物件にかかるお金、当面のランニングコストも考えるとかなりお金がかかります。

「じゃあ自宅の一部を改装して始めればいいんじゃないか」っていう自称コンサルタントの方も大勢いらっしゃいますが、そんな怪しいお店使いませんよね?っていう話です。

普段みなさんマッサージを受ける際にはどんな場所で受けるかっていうと「人通りのいい一階のお店、もしくは全国チェーンで名前の知ってて安心できるお店」です。

わざわざ素性のよく分からない人が自宅開業でやってるお店を好んで利用するお客様なんていません!!

自宅開業でも来てくれるのなんて知り合いくらい。よっぽど腕が良くて評判にならない限り自宅開業では成功できないでしょう。

しかし、立地のいい場所で開業すると毎月のテナント代だけでもかなり大変…。

どん
一体どうすればいいんだろう…。

これは僕なりの提案なのですが「店舗をあえて持たない」ってのも一つの考えとして良いんじゃないかって思ってます。

店舗を持たないことで初期費用はもちろんかからないですし、無駄なテナント代もかかりません。

出張一本ですとお客様に来てもらうまでが大変ですが、ランニングコストがかからないので、自分が諦めない限りは「経営してみたけれど廃業」ってことはまずないでしょう。

施術の予定がない日は日雇いなり在宅ワークで小銭を稼げば良いので、食いっぱぐれる心配もほぼありません。

僕が考える最強の「儲かる整体師」まとめ|ホリエモンの【儲かるビジネス4原則】を踏まえて考えてみた

最強

以上のことを踏まえて、僕は「フリーで出張開業」が最強の儲け方じゃないかと考えています。

お店として開業すると、最初の数か月~1年くらいはほとんど人も来ないって聞きます。

この時期もランニングコストが発生してしまうわけですから、店舗として開業するなら絶対に「余剰資金」と「人脈」と「集客力(HPやブログ)」は必要。

でも、独立したてでこれだけのスキルを持ってる人も少ないですよね。

なので、最終的に「店舗を持ちたい!」って人でもまずは「出張形態」で始めてみるのもありなんじゃないでしょうか。

出張でコツコツと開業資金をためながら、固定客やひいきにしてくれるお客様を見つけ、その間にHPやブログでの集客力を高めていく…。

こうすることで、ほとんどリスクなしに店舗起業ができます。

余談ですが「整体師」と「ブロガー」ってかなり相性がいいです!

こうやってブログを書くことで個人としての「ブランド力」を高めることだってできますし、お客さんが来なくて暇な時も発信し続けられるので宣伝力にもなります。

「ブランド力」については、こちらの「『仕事消滅』を読んだ現役整体師が、この先の未来の生き残り方を考えてみた」で詳しくご紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

さいごに

今回は「儲かる整体師」のなり方ということでご紹介させていただきました。

ですが、商売には「絶対」という言葉はないので、今回ご紹介した方法を試してみても成功するとは限りません。

僕なりの考えで整体師として成功しようとした時に「初期費用とランニングコストが邪魔」って思ったので、このような方法を試していますが、中には「都内の一等地で絶対に開業したい」とか「出張とかめんどくさいからやりたくない」って人もいるでしょう。

でんよし
僕だって銀座の一等地に土地持ってたらそっちで開業しますもん(笑)

ですが、そう上手くもいかないので自分なりに考えた末、今のスタイルが最適であるという結論に至りました。

「こんな働き方もあるんだ」くらいに頭の隅に置いておいて、あとはご自身で自分流のスタイルを完成させていってください!

スポンサードリンク



関連記事|おすすめ記事はこちら!

▼まずはこの記事!整体師になりたい方必見です!

何を基準に選ぶ?タイプ別にみる理想の整体師のなり方とは【給料・やりがい・自由な時間】

▼個人的に読んで欲しい!オススメ記事はこちら!

【レビュー】パナソニック コリコランEW-RA500 510の効果!プロの整体師も絶賛!

▼整体技術・マッサージ技術を高めたい方はこちらの記事をどうぞ!

本当にマッサージの上手い人の特徴とは?マッサージを7倍上達させるコツを伝授!

▼整体師として収入を上げたいならこの記事!

整体師の給料・年収ってどれくらい?高収入を得るために必要な3つのポイントとは?

▼整体師のの経営戦略についてはコチラ!

整体院の経営・集客で失敗しないために、大切なことを「町のお寿司屋さん」から学んだ話

スポンサードリンク