【厳選】全15巻以内に完結する「超絶」面白い!おすすめ漫画を紹介!

どうも、整体師ブロガーのでんよしです。

今回は5巻以上~15巻以内に完結する超絶面白い漫画を一挙にご紹介していきます。

少年漫画・少女漫画・青年漫画などのジャンルや人気は問わず、実際に僕がみて「面白かった漫画」のみお伝えしていきたいと思っております。

15巻以内に完結する漫画の特徴としては、読み応えもそこそこあって、尚且つ、一気読みしようと思えば一日かけて読めてしまうボリューム感でしょうか。

数巻で終わってしまう漫画だと少し物足りなさを感じるけれど、長すぎるのも読むのが大変って方にはオススメです!

最後に僕が特にオススメしたい作品をランキング形式でまとめてみましたので、そちらもぜひご覧ください!

おすすめ関連記事はこちら

【厳選】全5巻以内に完結する「超絶」面白い!おすすめ漫画を紹介!

【2018年漫画】マジで面白い!厳選おすすめ漫画を一挙に紹介!

スポンサードリンク



漫画一覧

四月は君の嘘(全11巻)

「あの日、僕はピアノが弾けなくなった‥‥」仄暗い青春を過ごす元・天才少年、有馬公生。夢も恋もない世界に佇む、彼に差し伸べられた手は名も知れぬ少女のものだった!! 少女の名は宮園かをり。性格最低・暴力上等の彼女はしかし、まぎれもなく最高のヴァイオリニストだった!公生は、かつて住んでいた音楽の世界に、強引に引きずり戻される。カラフルに色づく、音楽の世界に! 完結後の今もなお、各界からの絶賛の声が鳴り止まない音楽コミックの金字塔!「音が聴こえる」その描写から、目が離せない!

母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年有馬公生。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い‥‥。だが友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト‥‥少女・宮園かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!! 青春を切り取る注目の作家・新川直司がおくる、切ない青春ラブストーリー最新作第1巻!

アニメ化も実写化もされた名作。

音楽好きな方も、そうじゃない方にもぜひ読んで欲しい一作!

ピアノが弾けなくなった天才少年が、型破りなヴァイオリン少女に出会い、徐々に音楽の世界に戻っていくのですが、少女にはとある「秘密」が…。

終盤は涙なしでは見られません!

ROOKIES(全14巻)

試合中の不祥事により活動停止状態の二子玉川学園高校野球部。新人教師の川藤は、自ら不良達の集まる野球部の顧問となる。怠慢な日々を送る不良達に、夢を持つことの素晴らしさを叫ぶ川藤だが。

こちらも実写化で人気を集めた作品。

新任教師川藤が、野球部顧問になり、安仁屋率いる不良野球部たちを更正していく物語です。

作者、森田まさのり先生の絵をはじめてみた感想が「コマが動いて見える…!」でした。

ほんとうに上手い漫画家さんの絵は、キャラクターの描写一つ一つが動いてみえるから凄い!

PLUTO(全8巻)

あの『20世紀少年』の作者、浦沢直樹先生が『鉄腕アトム』をリメイクした作品。

主人公はアトムではなく、サブキャラクターの「ゲジヒト」。

内容は『鉄腕アトム』を扱っていますが、決して子供向けの作品ではなく、むしろ大人が見るべき作品です。

物語の伏線やミステリーに、どんどん引き込まれていく感覚がたまりません!

最終兵器彼女(全8巻+外伝)

あらすじ/シュウジとちせは北海道の田舎町に住む高校3年生。のろまで内気なちせは、前から憧れていた陸上部のシュウジにやっとの思いで告白。シュウジもそれをOKした。だが、ウブで純情な二人はどうやって付き合っていけばいいのかよくわからず、結局交換日記を書くという、かわいらしいことから始める。そんなある日、突然札幌が空爆された。そこで、シュウジは信じられないちせの姿を見る…(第1話)。 

タイトル通り「もしも彼女が最終兵器だったら」ってお話。

僕が「セカイ系」ってジャンルにハマるきっかけを作った漫画です。

巻を重ねるごとに彼女が「ニンゲン」じゃなくなっていき、日本もどんどん戦争に巻き込まれていく…。

ところどころほのぼのした描写があるのですが、基本的に話の内容が重いので心の準備をしてからお読みください。

ちなみに僕は最後まで読み切ったあと、漫画の世界観に入り込み過ぎて1週間くらい放心状態に陥りました(笑)

ぼくらの(全11巻)

あらすじ/夏休み、過疎地の村へ“自然学校”にやってきた少年少女15人。1週間が経ったある日、海辺の洞窟へ探検に入った一同は、その奥にコンピューターを持ち込んで住んでいた謎の男・ココペリと出会う。彼は自分が作ったゲームをやらないかと誘い、宇白可奈を除く14人の中学1年生が同意して契約を結ぶ。半信半疑で宿舎に戻った一同だったが、その日の夕刻、大きな物音と共に巨大ロボットが現れて…(第1話)。●本巻の特徴/突如現れた2体のロボット。1体をココペリが操り、もう1体の“敵”との戦闘が開始される。自らを宇宙人と明かすココペリは、最初の戦いを終えると「この後は君たちが地球を守るんだ」と言って姿を消してしまう。これは、本当にただのゲームなのか…? 15人の戦いが、いま幕を開ける!!

ありきたりなロボット漫画だと思って読みはじめると痛い目みます(笑)

少年たちが契約したゲームは、1つの敵を倒すのに、選ばれた操縦士が1名ずつが死亡しなくてはならないというもの。

14歳という多感な年頃の少年たちの苦悩を描いています。

パイロット一人ひとりの心理描写とか、深い内面とかが見どころ!

なるたる(全8巻)

小学6年生の玉依シイナが出会った、ヒトの認識外のモノたち──乙姫、成竜、ホシ丸。そして、異形のナイフをふりかざす少年は語る。「世界のカタチを変える」と。シイナの日常はゆっくりと変わり始め、地球的スケールの物語が幕を開ける。『ぼくらの』『なにかもちがってますか』『双子の帝國』など、独自の世界観と死生観で支持を集める異才・鬼頭莫宏の初期長編ストーリーが、描き下ろしカバーの新装版となって待望の登場!

小学6年生の玉依シイナが出会った、ヒトの認識外のモノたち──乙姫、成竜、ホシ丸。そして、異形のナイフをふりかざす少年は語る。「世界のカタチを変える」と。シイナの日常はゆっくりと変わり始め、地球的スケールの物語が幕を開ける。『ぼくらの』『なにかもちがってますか』『双子の帝國』など、独自の世界観と死生観で支持を集める異才・鬼頭莫宏の初期長編ストーリーが、描き下ろしカバーの新装版となって待望の登場!

表紙の生き物がなんとも可愛いので、きっとほのぼの漫画だなーって思ったら大間違い!

漫画史上にも残るであろうグロ・鬱のオンパレード!!

一応アニメ化もされているんですが、それを見た人々は口を揃えて

「これはハートフルボッコアニメだ」

って嘆くほど(笑)

読み終わった後に「のり夫を救うスレ」に直行するといろいろと捗ります…w

美鳥の日々(全8巻)

朝、目覚めたら隣に美少女がッ…!?

みたいなありきたりなストーリーでなく、

朝、目覚めたら「右手」が美少女にッ!?

ってストーリーです(笑)

周囲から「狂犬」と恐れられている校内一の不良の主人公、そんな彼に恋する美鳥の物語。

設定はかなりトリッキーですが、内容はかなり純愛モノです!

ARIA(全7巻)

蒼のクランドフィナーレから7年…新たな豪華7大仕様で
今再び漕ぎ出す、全7冊で紡がれた遙かなる蒼の物語。

蒼のグランドフィナーレから7年…ファン待望の完全版が遂に刊行決定!
『AQUA』全2巻と『ARIA』全12巻の合計14巻を、『ARIA完全版』として新たに全7巻構成で季節ごとにお届けします。

大人になると、いつの間にか「人生の楽しみ方」がヘタクソになってきます。

そんな時にこの漫画を読んでください。

波の音や波紋、潮の香り、風の匂いなど…。

普段何気なく過ごしていると気づかない「素敵」を見つけてくれる作品です。

主人公の灯里たちが「AQUA」の水先案内人(ウンディーネ)として素敵な世界へと導いてくれます。

ヨコハマ買い出し紀行(全10巻)

1994年~2006年に渡って連載された、芦奈野ひとしのデビュー作にして今なお多くの人々の言の葉に上る名作!
図らずも入手困難になっていた単行本を全10巻に再編集、装いも新たに刊行! もちろんカバーイラストはすべて描き下ろしです。また会えたね、アルファさん!

海面の上昇とともに終末感の漂う近未来の日本が舞台。

アンドロイドのアルファさんは、横浜のとある喫茶店の店長さん。

時間の経過と共に、どんどん滅びゆく文明と歳を重ねてゆく周囲の人々。

だけどアンドロイドは歳をとらないので、ひとり「時間」に取り残されていくアルファさん。

時が経つことの残酷さと儚さが時折見え隠れしながらも、彼女の時間はゆったりと過ぎていきます。

ARIAのような「ヒーリング系」漫画が好きな方には特におすすめです!

桃色メロイック(全10巻)

妹を溺愛するガテン系ヤンキーの兄が、毎回妹でムラムラして勃起しちゃうシスコンギャグ漫画。

普通のシスコン系漫画と違うところは、兄がガチで妹に欲情していて、セックスする気満々なところ(笑)

主人公が一貫してヤバい奴なんですが、その周囲の奴らもヤバい!

JK激シコ命のゲスメン、超絶二次元ラブなイケメン(彼女持ち)、ロック好きの唯一の常識人(非モテ)などなど…!

テンポの良いゲスなギャグを求めている人にはぜひ一度読んで欲しいです。

CLOTH ROAD(全11巻)

コンピュータの最小化が進み、ケーブルは糸のように基盤は紙よりも薄くなり、コンピュータは服となった。 ファーガスはトップデザイナーになることを夢見て仕立て屋で見習いをしていたが、突然親方のグスタフが倒れ、莫大な治療費が急遽必要となった。絶望するファーガスの前に現れた、自分と双子だという少女・ジェニファーと組んで、リングバトル“WAR-KING”に出場し、優勝賞金を獲得しようと試みるのだが。

技術革新によってコンピュータと服が融合した世界。

モデルと呼ばれる人たちは、そんな服(ドレス)を着こなし自在に操って戦っていきます。

この漫画の見どころはズバリ「世界観」と「設定の緻密さ」です!

7つの「トップブランド」という服を製造する国が建立されていて、各勢力ごとに特徴的なドレスを武装して戦います。

美しい服の数々、華麗に戦うトップモデルたちが魅力的な作品。

しゅごキャラ!(全12巻)

あむは、クールでかっこいい女の子。でも、ホントは口下手で素直になれない性格なの。ある日、「なりたい自分に生まれかわりたい」とおいのりしたら、翌朝ベッドに3つのたまごが!? そこから生まれたのは、あむの「しゅごキャラ」だっていう、ラン・ミキ・スゥと名のる3人の小さな女のコで……。

作者は「ローゼンメイデン」でお馴染みのPEACH-PIT 先生。

自分の気持ちに素直になれず「キャラ」を作っていた主人公の日菜森あむ。

そんな自分のなりたいキャラに変身させてくれる『しゅごキャラ』と呼ばれるちっちゃい守護霊たちを巡る物語です。

あむちゃんみたいな普段クールなツンデレキャラは、個人的に大好きですね。カワイイ!

いでじゅう!(全13巻)

県立伊手高柔道部物語、略して『いでじゅう!』。

部長林田率いる、柔道部の学園ギャグ漫画です。

柔道部の物語なハズなのですが、あまり柔道している描写がない気がする…笑

柔道部の話ってよりは、学園モノの青春ギャグ漫画ってくくりで読むほうが良いかも。

モリタイシ先生の描く女性キャラって妙に色っぽいというか…いい意味で現実にいそう感があってたまらん…!!

後半はラブコメ要素も満載です!

エンジェル伝説(全10巻)

顔が怖いだけで不良だと間違われる主人公。

その誤解が解けぬまま、次々と不良たちの抗争に巻き込まれていきます。

「この漫画よりも笑った漫画なんてない!」と断言できるほど面白いwww

勘違いネタ(アンジャッシュのコントみたいな)が好きな人なら絶対ハマります!

腹筋崩壊にご注意を!笑

ボーイズ・オン・ザ・ラン(全10巻)

痛みを知る、すべての男たちへ。あるいは、すべての痛い男たちへ。三十路目前、そろそろ選択しようじゃないか、我が人生! 超等身大ダメ男・田西敏行の遅咲き青春ブルース!!
妄想ばかりのダメ男に訪れた、一世一代の恋愛チャンス! 職場の飲み会で、憧れの後輩・植村ちはると初めて話せた田西。そこからメール交換も始まり、ふたりの仲は徐々に進展していくのだが…!?

これぞダメ男の聖書(バイブル)!!

何度も何度も転んでは立ち上がって、突っ走っていく様にとても共感できる…!

恋敵を倒すために、途中からボクシングをはじめちゃったり、好きな人のために不器用ながらも全力で駆け抜けていきます。

好きだった子(男性経験ナシ)のNTR(寝取られ)とかビッチ化していく様はかなりメンタルえぐられるのでご注意を!

峯田和伸(銀杏ボーイズ)が主演を務めた実写映画もかなりオススメですので、ぜひ観てほしい!

おやすみプンプン(全13巻)

どこにでもあるような街のどこにでもいそうな少年、「プンプン」の人生の波乱を描いた作品。 この作品の大きな特徴に、主人公である「プンプン」やその家族、親戚のみ“落書きのようなヒヨコ”で描かれており、その名前に加え、周りの人物や情景などの高い描写力からは浮いた存在となっている。加えて、作品内でコラージュ的な表現を用いたり、一部の人物に話の進行とは無関係な奇行を描いたりと、実験的なシュルレアリスム表現がみられる。 作家、伊坂幸太郎が単行本の帯に「前衛でありつつ王道を走り抜ける」と語っている。

少々家庭環境に難があるものの、いたって平凡な家庭で育った少年が大人になるまでを描いた物語。

とある転校生に一目ぼれしたことをキッカケに、運命が一変していきます…。

話が終始重くて、読んでるとだんどんメンヘラサブカル野郎と化していきますw

あなたが既に大人ならそこまで影響はされないでしょうが、まだ学生で多感な時期をお過ごしでしたら注意が必要。

メンヘラ化しても僕は一切責任を負いませんので…笑

タケヲちゃん物怪録(全7巻)

生まれてから一度も幸福を感じたことがない主人公のタケヲちゃん。

ただ存在するだけで、不運を呼び込み周囲に災いをもたらしてしまいます。

そんな彼女が親元を離れ、転校してきた下宿先が、なんと妖怪が住まう「百鬼荘」でした。

人の虚を突き、陰の気(負の感情の塊みたいなもの)を喰らう妖怪たちは、必死になって怖がらせようとするのですが、今まで数多くの不運を経験しているタケヲちゃんはピクリとも怖がりません。

そんなタケヲちゃんは逆に自分が「幸福」であるときに一番驚いてしまう。彼らがタケヲちゃんを脅かそうとすればするほど、タケヲは幸福になります。

それは今まで自分が「幸福(しあわせ)」ってあまり感じたことがなかったから。

この本を読み終わったあとに、きっと「誰かを幸せにしてあげたい」って優しい気持ちになれることでしょう。

ハチミツとクローバー(全10巻)

『ハチクロ』で親しまれている羽海野チカ先生の描く恋愛青春漫画。

誰かに恋したり、されたり、好きになったり、フラれたり…。

そんな恋愛の甘酸っぱさを「これでもかっ!」ってほど凝縮させた作品です。

恋をすると、時には「甘い痛み」を経験することもあるでしょう。

そんな恋愛の酸いも甘いも堪能できちゃうハチクロは「いま現在、恋している人」に特におすすめです!

あと青春コンプレックスな人もぜひ!

見終わったあとに、とてつもなく自転車で旅がしたくなります!笑

寄生獣(全10巻)

突如飛来した寄生生物たち。彼らは人間の身体に侵入し脳を乗っ取り、他の人間を食い殺し始める。高校生・泉新一の身体にも寄生生物が侵入するが、脳の乗っ取りに失敗し彼の右手に宿ってしまう。自ら「ミギー」と名乗った寄生生物は新一と奇妙な共存関係になる。そんなイレギュラーな存在となった新一とミギーは寄生生物たちとの壮絶な戦いに身を投じる!

映画化やアニメ化までされた話題作!

主人公の右手に寄生した生物「ミギー」と共に、人類と寄生生物とのバトルに発展していきます。

1990年代に連載されていた漫画ですが、未だに色褪せない「設定」と「ストーリー」です。まさに名作!

途中からミギーがめちゃくちゃ愛おしく感じてしまうのは僕だけじゃないはず…!笑

最近の漫画のような引き延ばしもなく、綺麗に完結されている点も名作たる所以でしょうか。

ゆうやみ特攻隊(全13巻)

『でろでろ』(週刊ヤングマガジン連載中)でホラーギャグの新次元を拓いた
異才・押切蓮介がシリウスに降臨!

最愛の姉を悪霊に殺された過去を持つ翔平は、復讐を誓い姫山高校心霊探偵部の扉を叩いた。拝金主義の花岡隊長とマイペースなカエのパシリ兼、霊感犬2号のエサ係という屈辱に耐え、ヘタレ翔平の仇討ちへの長い道のりが始まる!! 異才・押切蓮介会心の肉弾ホラーアクション!

姫山高校に入学した辻翔平は、どんな霊をも除霊することができる大能力者がいるという心霊探偵部の扉を叩いた。彼の望みは、幼い頃目の前で最愛の姉の命を奪った悪霊に復讐すること。そのため、部長の花岡隊長に弟子入りした翔平だったが、姉を殺された際のトラウマでヘタレになった彼がやらされることといえばパシリと霊感犬「2号」のエサ係だけ。どうなる、翔平!?

鬼才、押切蓮介先生の描く、ホラーアクション物語!

どんな悪霊も「素手で」除霊できる花岡隊長に弟子入りするところから始まります。

初期(1巻)はギャグ要素多めですが、中盤から黒首島を治める鉄(くろがね)一族との戦いに発展します。

徐々にシリアスな内容、エグい描写(精神的にくるような猟奇的なシーンなど)になってくるので、苦手な方はご注意を!

相手は超人的な身体能力や悪霊を使役する力を持ったバケモノたち。

そんなバケモノたちを爽快にぶん殴っていく花岡隊長の心強さよ!!

猟奇的ホラー好きや、俺TUEEE系が好きな方なら絶対にハマります!!

魔人探偵脳嚙ネウロ(全12巻)

女子高生・桂木弥子の父親が、何者かに殺された。失意の弥子の前に突然現れたのは、”謎”を食べて生きる「魔界の住人」ネウロ。半ば強引にネウロのコンビにさせられた弥子は、ネウロと共に探偵になり、事件の現場で様々な謎を解決する。
文庫は全巻表紙描きおろし! さらに文庫最終巻の11・12巻にはコミックス未収録の読みきり掲載予定。

魔界の住人のネウロと、ニンゲンの弥子のダブル主人公からなるストーリー。

この漫画の面白いところは「話が進むにつれて主人公が弱体化していく」ってこと。

人間界で徐々に弱まっていくネウロに対して、弥子やまわりのニンゲンたちはどんどん頼もしく成長していきます。

電人HAL編のラストなんかは漫画史に残る名作だと思うんですよ…!!

キャラクターも個性的。葛西のおっちゃんの中二臭さがたまらない!笑

最初から最後まで完成度の高い漫画です。

個人的ランキングTOP5

漫画ランキングトップ5

ブログの管理人である僕の独断と偏見で15巻以内完結マンガTOP5」を決定いたします!

正直かな~り悩みましたが、断腸の思いでランキングさせていただきました。

「えーっ、この漫画の方が全然面白いじゃん!」「センスないなぁー帰れよ!」などたくさんのご意見あるかと思いますが、ご了承ください。

僕だって決めるの辛いんじゃい!!泣

…それでは気を取り直していってみましょう!!!

第5位:ヨコハマ買い出し紀行

この作品を読んでいると

「とても楽しい…けれど何故だかさみしい気持ちになってくる」

っていうような、まるで小学生の頃の夏休みの終わりが近いときのような不思議な感覚に陥ります。

ノスタルジックな気持ちになりたいときに、海を眺めながらコーヒーと共に読みたい一作

第4位:なるたる

はじめてこの作品をみたときは「マジかぁ…」と思わずもらしてしまう程、衝撃的でした。

超絶グロ鬱漫画だとウワサで聞いていたので内容がすごく気になり、

当時絶版本であった『なるたる』を探しにヴィレヴァンやジュンク堂をはしごして、やっと全巻集めます。

正直途中までは「なーんだ、こんなモンか」って感想でしたが、徐々に作中のキャラの古賀のり夫に感情移入していくにつれて、あの衝撃シーンでの絶望感が増していきます…。

どんな「衝撃」が待っているのかは、ぜひあなたの目で確かめてください…!

第3位:エンジェル伝説

この作品にはじめて触れたのは高校生のころ。

当時は、授業中に仲間内で持ち寄った漫画を回し読みするっていう遊びが流行っていて、みんな各々で自慢の漫画をもってきて読んでいました。(勉強はもちろんしてない!笑)

そんな時、他クラスの奴から「これ読んでみ」と渡されたのがこの『エンジェル伝説』でした。

最初は「なんか古臭い絵だし、ぜってー面白くないでしょー」なんて言っていました。

ですが、読み始めるとあまりのギャグセンスと圧倒的面白さによって、授業中なのに鼻水噴出すほど大爆笑!!

そのときの周りからの冷ややかな目線が忘れられません。

第2位:魔人探偵脳嚙ネウロ

当時、週刊少年ジャンプの連載の中でもひときわ異彩を放っていた作品だったことを覚えています。

今はジャンプを一切買っていないのですが、その理由のひとつの中に「ネウロが終わったから」っていうのがありました。

残りの理由2つは、いちご100%とピューと吹くジャガーが終わったから(笑)

暗殺教室はまったく読んでないのですが、どうなんでしょうか?

面白いのなら買おうかな…?

第1位:ゆうやみ特攻隊

僕の漫画の好きなジャンルのひとつに「俺TUEEE系」が含まれているのですが、この漫画はまさに俺TUEEEを地で行く作品です。

誰もが恐れる圧倒的理不尽のカタマリのような悪霊や、それを使役するヤツらに対して「正義の鉄槌」を打ち込む花岡隊長。

相手も超人離れした身体能力や特殊能力を持つバケモノなのに、それすらも凌駕する強さで敵を倒していきます。

最近流行りの能力バトルとか頭脳バトルでなく、その身ひとつの肉弾戦でぶっ飛ばしていく爽快感はたまりません!!

見ていてこんなにワクワクする漫画ってなかなかないです!僕の漫画人生に賭けてオススメできる作品ですので、もし機会がありましたらぜひ読んでみてください!!!

まとめ

いかがでしょうか?

読んだことのある作品や、まだ読んだことはないけれど面白そうな作品などたくさんあったかと思います。

正直TOP5はかなり悩みました…。

だって「ARIA」「寄生獣」「最終兵器彼女」「ROOKIES」「ハチクロ」とかって他のブログランキングだったら余裕で1位取っててもおかしくないクオリティーなワケですじゃん?笑

「マイナー作品ばっかTOP5入りさせやがって!そんな通ぶりたいのかッ!!」

なんて言われること覚悟でランキングを決定させていただいております。

まぁーぶっちゃけ通ぶりたいのはありますよ。笑

でも、それ以上にホンキで面白い漫画に、皆さんにも触れて欲しいっていう願いを込めて選ばせていただきました!

てか、みんなにももっと面白い漫画知ってほしいし読んで!!!面白さは保証するから!!!!!

色々オススメしたい漫画はたくさんありますが、とりあえずは『ゆうやみ特攻隊』を読んでみてください、話はそれからだッ!!

関連記事

追加次第、随時更新していきます!

おすすめ関連記事はこちら

【厳選】全5巻以内に完結する「超絶」面白い!おすすめ漫画を紹介!

【2018年漫画】マジで面白い!厳選おすすめ漫画を一挙に紹介!

スポンサードリンク